www.fumihikosano.jp
mail: info@fumihikosano.jp
mailto:info@fumihikosano.jp
www.fumihikosano.jp

NEWS:

  • 2015.11.30
  • 現在スタッフ/インターンを募集しています。

    • 採用基準:建築設計に秀でていること。英語ができれば尚可。 実施設計経験者優遇。コミュニケーション能力や発想の柔軟な方。
    • 応募資格:CAD/イラストレーター/フォトショップ/その他ソフトが使用可能であること
    • 勤務日:応相談/在宅可
    • 報酬:当社基準
    • 締切:随時募集
  • 2015.11.20
  • 11/27より高橋理子押上スタジオにて開催されるスズキタモツ展「ROOTS」の会場構成を協力させていただいています。12/13まで。詳しくはこちら。

    http://takahashihiroko.com/archives/3287

  • 2015.10.05
  • 東京ミッドタウンにて開催されるデザインタッチに参加します。

    くわしくはこちらをご覧ください。

    http://www.tokyo-midtown.com/jp/designtouch/2015/entry/entry01.html

  • 2015.09.03
  • 9/4~10/15まで無印良品有楽町店にて、無印良品の考える”Compact Life”を支える単位=モジュールを伝えるインスタレーション「ユニットシェルフでできた家」を展示しています。ご高覧ください。

    http://ryohin-keikaku.jp/news/2015_0903.html

  • 2015.08.24
  • 商店建築 2015年9月号 New Definition of Design デザインの新定義 49 にて 佐野のインタビューが掲載されています。ご高覧ください。  http://www.shotenkenchiku.com/products/detail.php?product_id=251

ARCHITECT / ARTIST
FUMIHIKO SANO

PROFILE:

Fumihiko Sano

Architect.

1981   Born in Nara. At the construction company, dealing with traditional Japanese style . Studied technique , material, and culture as a carpenter.Participates in construction of a tearoom, a Japanese  restaurant, hotel,  the State Guesthouse, and etc.2011   Established FumihikoSano studio PHENOMENON.Dealing with the design and installation by making the best use of what learned as carpenter and Modern sence.

佐野文彦

建築家/美術家

1981年奈良県生まれ。京都、中村外二工務店にて数寄屋大工として弟子入り。設計事務所などを経て、2011年佐野文彦studio PHENOMENONを設立。大工として、技術や素材、文化などと現場で触れ合った経験を現代の感覚と合わせ未来への新しい日本の価値観を作ることを目指してデザインやインスタレーションを手掛けています。

 

CONCEPT:

数寄屋大工とは茶室や料亭、文化財、迎賓館などを専門とする大工です。数寄屋は、社寺と違い様々な材料を使います。皮付き丸太や竹、檜、杉、松、栗、栂、などを中心に多くの個性的な素材を組み合わせます。私が職人として学んだ一つ一つの木目の見せ方、手触りや足触り、香りといった様々な素材の個性の活かし方。

素材にはその素材にしかできない事があります。またその素材の中でも同じものは二つとありません。価格の高い安いにかかわらず、技術や素材の良さを惹き出すこと、周辺に育まれた文化をデザインのコンテクストに入れること。

伝統工芸と呼ばれる世界を経験してきたことを生かし、資本主義や時代の流れの速さによって失われつつある日本が持っていた素晴らしい伝統を守りつつ、ここまで先人たちが紡いできた文化を未来へアップデートすることを目指し、作品を作っています。

WORKS_ARCHITECTURE:
  • Photo by Nobutada Omote
    Photo by Nobutada Omote
    Photo by Nobutada Omote
    Photo by Nobutada Omote
    Photo by Nobutada Omote
    Photo by Nobutada Omote
    Photo by Nobutada Omote
    Photo by Nobutada Omote
    Photo by Nobutada Omote
    Photo by Nobutada Omote
    Photo by Nobutada Omote
    Photo by Nobutada Omote
    Photo by Nobutada Omote
    Photo by Nobutada Omote
    Photo by Nobutada Omote
    Photo by Nobutada Omote
    Photo by Nobutada Omote

    京都、河原町五条を一本入った通りに建つ、築120年になる古民家のリノベーションである。

    この建築は明治期に建てられた、擬洋風建築と呼ばれる西洋建築由来の形を大工棟梁が日本の木造技術によって作ったものだ。過去には印刷所や家具店として使われていたが、コワーキングスペースMATERIAL KYOTOとして生まれ変わった

    これまで何度も改装を重ねていたため、わかりにくくなってしまっている建物の姿を把握すべく、まずは元の姿を隠してしまっている表層を取り払った。大空間を維持するために考えられた木構造、改築により付け足された補強金物や柱が露わとなり、この建物を当時作った大工の思考が伝わってくる。

    今回のリノベーションでは120年経ったこの建物自体が持つ魅力を活かしたものにしたいと考えた。新しく生まれ変わる建物と京都という町の接点として、道路から建物内部へ路地を引き込む。ファサードに軒先を新設し、その下をくぐりながら奥の庭へと続く路地的視線をカウンターの配置と素地鉄板によって作られた天井によって表現した。

    また京都らしさと店内の様子がうかがえるよう、一階には格子を設置し、外側にFIXガラスを設ける事によって新旧の素材のレイヤーによってガラスの中に建物を閉じ込めた。

    二階ファサードは既存で外壁に張られていたサイディングの鉄骨下地を活用することで、向かいに建つ上徳寺をバルコニーから眺めることができる視界を確保し、特殊なロケーションと既存の部材を活かしたものとなっている。バルコニーの躯体側壁面は今にも崩れ落ちそうな既存の竹木舞をそのままの姿でガラス引違い戸によって閉じ込めている。

    店内には3Dプリンタやレーザーカッター、ブラックパンチングメタルの壁面、アクリルを使った什器など現代の素材と、既存の煉瓦壁面や石膏による左官仕上げの黒壁、クライアントと関係の深い飛騨古川市からの無垢木材、柱や家具等に使われた西陣織などの昔から使われ、また作られ続けてきた素材が随所にちりばめられ、120年間建物を支えてきた躯体とともに様々な素材を実際に見るだけでなく、触れて感じることでより想像的でクリエイティブな体験ができるオープンな空間を作り出している。

  • Photo by Haruka Otani
    Photo by Haruka Otani
    Photo by Haruka Otani
    Photo by Haruka Otani
    Photo by Haruka Otani
    Photo by Haruka Otani
    Photo by Haruka Otani
    Photo by Haruka Otani

    日本独自の感覚とその本質を表現し続ける作家、ミヤケマイのアトリエである。

    倉庫として使われていた約100㎡天井高5mの空間を、アトリエ・打ち合わせスペースとしてリノベーションした。

    ミヤケの作風などから、全体として意匠は日本的であるが、アトリエという用途と元倉庫という空間的性質に対応させるため、材背や寸法を大き目にとることで繊細さだけではなく、倉庫の大空間に負けない書院的空間を意識したものとしている。

    壁面側には倉庫だった際に使われていた既存鉄骨部材を利用し、壁面に押入れのような日本的な意匠を持った大きな収納を設けた。

    収納に連続するように床の間を配置し、連幅の軸装された作品や立体等、様々な形や数での作品を展示しながら試作、検討できるよう、引戸によって床の間の幅が調節できる仕様としている。

    床脇に設けられた違い棚には、ミヤケの収集した骨董や雑貨、工芸品、三宅自身の作品が設えられ、独自の世界観が表現されている。

  • 東京郊外のベッドタウンに位置する住宅である。イギリス人の大学教授が、趣味である着物の研究やそれに関連した染色を行うためのスタジオを空間の中心として、子供たちが成長し、出て行った後もホームステイを受け入れながら、豊かな交流を継続する空間を計画した。
    敷地は南北に広がり、傾斜地に造成されているため眺望のよい北側へプライベートを開いた配置計画となった。9100*9100の大きな正方形に吹き抜けのスタジオを配置。キッチンと連続させることでクライアントの希望する大人数のパーティにも対応可能とした。今後クライアントが高齢になった時のことを考えクライアントの寝室や書斎、インフラはすべて一階に集め、二階に各個室やリビング、和室を配置した。二階のリビングからは遠くに富士山を望む事が出来る。和室には建て替える以前の既存住宅の柱を使い、過去からこの場所がつながっていることを意識させる。

    この建築の一番の特徴は外部を囲むステンレスメッシュであろう。建物の周辺に、外部と内部の境界が曖昧な空間を作ること、またアイストップとして、外部から中の様子をうかがい知りにくくし、防犯の効果を持っている。メッシュは二重になっており、モアレを起こさせる。内部のような外部空間を作り出す。風に揺られることで、煌めきながら浮かび上がる模様を変化させながら煌めく。また、朝、昼、夕方、夜と当たる光の角度や強さによって外観に全く違った印象を与える。
    このメッシュによって時間や季節、天候などによって様々な表情を建物に与えてくれるのである。

     

    題名 : MoyaMoya
    設計:佐野 文彦/studioPHENOMENON
    所在地:東京都東久留米市
    主用途:専用住宅
    協力:坂田真二建築設計事務所
    施工:DESSENCE / TANK

     

    建築面積:82.81m²
    延床面積:144.79㎡
    構造:木造二階建て
    竣工 :2014年5月

    This is the residence in the commuter town in the suburb of Tokyo.We constructed the studio where our client could study and dye kimonos, her chief hobby, as the center of the house; also, we tried to provide the place to communicate and interact, accepting foreign students after her kids leave the home.The shape of the building plot is a huge square (9100*9100), and it slopes and spreads north and south. Because of the slating ground, a private space was settled in the northern part commanding a fine view. An open ceiling studio is connected to a kitchen, so that allows the client to have a big party as she desires. Considering when she ages in the future, her bedroom, a study room, and other infrastructures are placed on the first floor. Other single rooms, a living room, and a Japanese style room are on the second floor; moreover, you can enjoy a fine prospect with Mt. Fuji from the living room.When we look at this project from a different perspective, the most significant characteristic of this construction is the stainless steel fence which surrounds the building. By creating the space which makes the border between the inside and the outside of the building vague, the inside thereof is difficult to see from the outside. In terms of security, significant effects can be also expected.A moire pattern is generated since the stainless steel is doubled, and it makes people feel as if they are in the inside even if they are in the outside.Being swayed by the wind, the stainless steel fence shines and causes a great variety of the moire patterns. The angle and strength of the light are certainly changed by time – morning, afternoon, evening, and night. The change of the light creates not only gripping moire patterns, but also gives different and diverse impressions to the house. This is the place where people can closely enjoy the transitions of time, seasons, and climates through the house.

     

    title : MoyaMoya

    architects:Fumihiko Sano/studio PHENOMENON

    address:Higashikurume Tokyo

    usage:residence

    construction:TANK / DESSENCE

    site area : 234.30 m²

    building area: : 82.81 m²
total floor area : 144.79 m²(1F+2F)

    floors:1F 2F

    structure:wood

    completion:5/2014

    Photo by Daisuke Shima/ Nacása&Partners Inc

  •  

    The shop offers you special wrapping styles by manipulating “origata” in Paris.

    Origata is the approach showing senders’ hearts through their gifts. It has been developed since Muromachi era. (around 1330s to around 1500s); moreover, almost two thousands of varieties of styles were established at the end of Edo era. (around 1860s.)

    To introduce traditional Japanese culture, we chose to utilize Japanese cypress from Ise Jingu, which is the most lordly shrine in Japan, all over the wall of this shop since it is considered as the most intimate material with Origata. Shintoism is the binder between origata and Japanese cypress. Origata was originally derived from Shinto rites. They wrapped up the offerings in a special way when they presented their offerings to the god, and that was the beginning of origata. In terms of Japanese cypress, it has been employed for constructing shrines from ancient times. These backgrounds ensure Japanese cypress is the most affinitive material with origata.

    For a flooring material, the slate stone from Ogatsu district where the horrible earthquake hit on March 11th, in 2011 was applied. Even if the earthquake made the slate stone scraps, I believe they could be revivified while I reuse and breathe new life into them. I hope the reconstruction would be successful in Tohoku area from all my heart as designing this shop by practicing a portion of Tohoku.

     

    title :MIWA

    architects:Fumihiko Sano/studio PHENOMENON

    address:12 Rue Jacob,Paris,France

    usage:Wrapping shop

    construction:Sagara builder/Tsumiki drawing builder

    floor area:15.6m²

    completion :11/2012

     

     

     

     

     

    Photo by Shizuka Kurokawa
  • The bar is located on the fourth floor in the composite art facility, “NADIFF a/p/a/r/t”.

    Giving new value to scarp materials, we tried to show the power of the material as possible as we could. For instance, we endeavored to revitalize aged stuff, regarding aging as its own character. That is the attempt to reveal the potency of the stuff which has lasted for a long time. Even though the aging stuff seems to us to be just damaged or decayed, it actually has its own long history and the strength remaining its existence.

    We also reutilized Ogatsu-stone tiles which had been actually employed for the houses, destroyed by the tragic earthquake occurred on March 11th, 2011. I hope that exploring the stone tiles from the stricken area gives the spark of hope to the people who have been suffering from the tragedy. The earthquake had made the stone tiles the scraps once, but they came back to life again while we manipulated them as the part of the construction of the bar. We believe that giving the new value is one of the ways to unveil their potency and power. The scraps are not just scraps. They indeed have the power to revive. People are the same. Even when we face a tragedy, we definitely get over the sorrow.

     

    title : 「    」MUDAI

    architects:Fumihiko Sano/studio PHENOMENON

    address:Ebisu,Shibuya, Tokyo

    usage:Bar

    construction:Fumihiko Sano/studio PHENOMENON

    floor area:54m²

    structure:S

    completion :09/2012

    Photo by Nacasa&Partners Daisuke Shimokawa
  • 無垢の栃一枚板によるダイニングテーブル。

    100名近いpixivのメンバーが集い食事をし、交流を深めるための場所として作られた。

    SNSという実態を持たないものを扱うpixvだからこそ、無垢の材料に触れて使用年月によって変化していくのが楽しめるものを用意した。

    天板は3600×850、1500×850という2枚の長方形と1500×850の楕円の天板を組み合わせて使うことを想定し、同じ角度で面取りし刃物のように工芸的な仕上がりとし、脚は多くのスタディを経て、細く、しかし日本的に感じられる直線的、かつ門型にスチールの角柱を組むディテールを採用した。

    これほど大きな無地の栃はなかなかない。

    この栃がスタッフ同士の交流を生み、質感や重さ、固有の杢、変化などを感じてもらうきっかけになればと思っている。

     

    title : TOCHI table for pixiv
    design:Fumihiko Sano(studio PHENOMENON)
    usage:furniture
    photo:Daisuke Shimokawa

     

    Designed by Fumihiko Sano for the Pixiv (Japanese online community for artists) office in Tokyo common space usually used during lunch time. Tochi tables incorporate the joinery, craftsmanship and experience of designer.

    Tochi table set is three different size one piece chestnut dining tables. Beautifully textured one piece wood surface was chosen as the main idea for table set showing the variety of people who use those tables everyday.

    Client was looking for a new table set for 100 Pixiv members mainly used for lunch break and occasionally for parties or meetings, in which case, tables should be connected to each other. After a study designer made a decision to make specific joints which wouldn’t give strong impact as tables were connected through concurrent edges what shows very high level of  Japanese craftsmanship quality. To fulfill the whole idea tables’ legs, inspired by Japanese traditional structure, were designed in a simple way also.

    title : TOCHI table for pixiv
    design:Fumihiko Sano(studio PHENOMENON)
    usage:furniture
    photo:Daisuke Shimokawa

    Dimensions

    Small / 700 mm H x  850 mm W x 1200 mm L

    Small / 700 mm H x  850 mm W x 1200 mm L

    Large / 700 mm H x  850 mm W x 4000 mm L

     

     

    photo:Daisuke Shima

  • 非物質的な境界線を定義する光を投影し続ける木箱が、場を形成する求心性を持ったコアとして置かれている。箱から投影された光は4つのセンサーにより感知され変化し続け、人数や距離、動きといった関係性に合わせたもてなしで観る者を迎える。

    この作品は日本の「間」と「場」を表している。

    日本の間とは結界である。

    内部は紙一枚を挟んで外部となり、床と屋根に挟まれた縁側という内部に近い意識的な空間へと繋がる。軒下を出ると庭という実質的な外部空間に侵入する。しかし、敷地を物質的に遮る塀を越えるまでは外部でありながらも内部と感じている。つまりは内の内と内の外、外の内と外の外の境界線が物質的ではなく意識としてあるということだ。

    では場とは何か。

    縄文と呼ばれた時代、人はなぜ集まって暮らしたのか。

    水が湧いている。火が焚かれ続けている。神と崇められる大樹が立っている。先祖が埋葬されている。など、何らかの求心的な物の周りに場は成立し、そこを中心とした生活が始まり集落が形成されていったのではないだろうか。

     

     

    Japanese “Ma” and “Ba”

     

    The box defines an un-materialistic boundary placed in the room as the core which forms the power line of the room. The ray casted out from the box is detected by sensors, and they change depending on the number of people in the room, and distance between them. So it is to be said the ray changes depending on the relationship between people.

     

    This artwork represents Japanese theory of “Ma” and “Ba”

     

    “Ma” is the spiritual barrier.

    In Japan the boundary of space is not considered as material but more like consciousness. The space between inside and outside of a house is divided by thin paper windows. Japan also has “Engawa” between the house and the yard, which is covered by a roof, but still outside. Japan has a vague sense of boundaries.

     

    So, what is “Ba” on the other hand?

    “Ba” is the attraction force of a place, which could be a spring, a fire place that never extinguishes, giant rocks, a tree thought to be a great spirit. Such forces attract core forms “Ba” around them, and Japanese people start building their lives around them.

     

    title : Ba/ Ma

    artist:Fumihiko Sano(studio PHENOMENON)

    address:529 W 20th St #2w, New York, NY, hpgrp NY

    usage:art

    construction:Fumihiko Sano/studio PHENOMENON

    completion :2/2013

     

  • 富山県高岡市似た開催されている高岡クラフト市場街の関連プログラムとして、由緒ある百貨店の屋上に茶室を作ることとなった。

    工芸都市高岡の魅力を伝えたいというこのイベントで、私が作る茶室は、単に作品として存在するのではなく、茶室自体が場であり、物が入り、人が集って、茶を飲み、語らうという場を創造する為のインバウンドスイッチのようなものにしようと考えた。

    そのためにまず様々な部材を高岡産のものを取り入れた。

    外装材を三協立山アルミのサイディング、内装材には高岡漆器や高岡銅器を採用。

    茶会で使われる道具や屋外に展示される作品は全て高岡の作家のものを使用し、外構には高岡でしか見られないであろう鋳物の砂型を積み上げて、アプローチを作った。

    高岡の、高岡らしい、高岡だからできる展示ができたのではないかと考えている。

     

    title : Homei-An

    architects:Fumihiko Sano/studio PHENOMENON

    address:DAIWA Department Takaoka store ,Takaoka Toyama

    usage:Instaration

    construction:Fumihiko Sano/studio PHENOMENON

    structure:Wood

    completion :10/2014

  • 工芸ときいて何を思い浮かべるであろうか。

    漆椀、照明器具、織物、着物、皿、茶碗、。

    これらはすべて生活のための道具である。

    日本において芸術とは、デザイン、工芸を一緒くたに解釈されることが多いが、現代美術、コンテンポラリーアートとは何か、ということを考えるとき、ファインアート、つまりは純粋芸術であるという事を意味する。

    使うことのできない、生活には何の役にも立たないものに価値を見出す。

    本店のタイトル、「The usefulness of the useless」は、それすなわち無用の用である。

    今回、茶室の中に作品をしつらえて茶会が開催されるが、茶道、と言ってイメージされるのは高級車が買えるような価格の茶碗や棗、掛け軸などではないだろうか。

    しかし、誰が作り、どのような姿形をしていようとも、茶碗は茶碗である限り、茶碗であることをやめられない。

    今回、茶室と共に展示しているのは、技術を技術で終わらせることなく、表現にまで持ちこんでいる作家たちの作品と、工芸や茶の湯、陶芸などへの社会的関心を一躍高めた、古田織部を主人公とした漫画「へうげもの

    (講談社モーニング)によるものである。

    経済効率ばかりが優先され、我が国が長年育んできた多くの文化や技術が失われていく昨今、展示された作品や催される茶会によって、周囲の景を写し取り溶け込む鏡張りの茶室に映り込んだ我が姿を見たとき、価値とは何であるかをふと考えてみるきっかけとなったら幸いと考えている。